しょうがざんまいでは、山梨県南部町産の希少な生姜を使用し、美容と健康をサポートする生姜製品を販売しています。南部生姜を使用した生姜シロップ(ジンジャーシロップ)が人気です!
 
山梨県南部町産の生姜について

山梨県南部町産の生姜について

南部町は人口8,440人で山梨県の最南端に位置します。
昔から農業が盛んで、特産品としては南部茶やタケノコ、竹炭などが有名ですが、恵まれた高温多雨な気候と肥沃な土壌によって、農薬・化学肥料不使用で栽培された良質な生姜が収穫できます。

山梨県南部町

温暖な気候に南アルプスからの伏流水、そして1m掘っても石が出てこない、柔らかく良質な土壌で育てられた南部生姜は、大粒で色が濃く、辛みと香りが強いのが特徴です。

南部生姜
南部生姜

ただ、南部生姜は年間生産量が非常に少なく、国内生産量が年間 約50,000tほどの内、南部生姜の生産量は年間約10tほどになります。生産量においては、全国トップシェア3県には遠く及びません。

図:日本の生姜の供給量(2015年)
生姜生産量 全国トップ3県
山梨県南部町産の生姜の歴史

その背景には、農薬や化学肥料などを使用せず大量生産ではなく、 1つ1つの生姜に丹精込めて栽培する作り手の想いが込もっています。

また、南部生姜は2019年に山梨の地域資源にも認定され、弊社 生姜製品の販路開拓、広告PR宣伝により認知度・知名度を上げております!

南部町では高齢化や後継者不足による耕作放棄地の増加、年間生産量の減少によって、生姜栽培自体が衰退しております。そんな状況を食い止めるべく、弊社では良質な南部生姜を惜しみもなく使用し、日々の健康をサポートする生姜製品を日々、開発販売しております。

当社開発の生姜製品

ページトップへ